厄除け・厄祓い

現在地 : トップ ≫ くる坊のサービス ≫ 厄除け・厄祓い


厄除け・厄祓い

厄除け・厄祓いとは

一般的に厄年は、一生のうち男性は3回、女性は4回あり、前厄・本厄・後厄と3年づつあるって、実は、あまり知られていないんです。


厄年の年表一覧

特に男性の42歳女性の33歳『大厄』と呼ばれており、「凶事や災難に遭遇する確率が非常に高い」といわれています。

前厄とは、厄の前兆が現れる年。
後厄とは、厄のオソレが薄らいでいくとされる年。
一般的にはこのようにいわれており、本厄と同様に注意が必要な年です。

では、本当に注意が必要な『本厄』とは、どういう年なのでしょうか?



厄年とは
厄年って、どういう

さて、厄年ってどういう"お年頃"でしょうか?

男性の25歳・女性の19歳は、青春期にあたり、好奇心などが非常に高い年齢。

そして『大厄』にあたる、男性の42歳は、中高年期の折り返しであり、社会的にも責任が重くなり、それゆえ精神的・肉体的にも疲労などが多くなります。

女性の33歳は、人生の曲がり角であり、子育てあるいは主婦として非常に多忙な時期をむかえているはずです。

そんな時だからこそ、不慮の事故やケガ、病気などが起こりやすいとされています。


厄年とは

また、良くないことが起こらなかったとしても、大厄の年齢では、肉体的にも体力の低下や反射神経が鈍くなったりと、衰退が急激に低下する時期でもあり、健康管理などの面でも注意が必要とされる年頃でもあるでしょう。


「厄除け・厄祓い」をするとは?

厄除け(厄祓い)とは、これらのような『厄』といわれる「凶事」や「災難」を、神仏の御加護を受けて未然に防ぐ習慣を、『厄除けをする』また『厄祓いをする』といいます。(漢字で「厄払い」と表記している場合がありますが、正しくは「厄祓い」です。)

本来「厄除け」とは、祈祷・祈願と同じ考え方なのですが、世間一般的には、分けて考えられる場合が多いようです。

祈祷・祈願でも説明していますが、考え方は2つあります。

「悪いものをなくしていく」という考え方の『息災』。

「福を増やしていく」という考え方の『増益』。


息災と増益

どちらか一方が正しいということではなく、両方とも大切な考え方なのですが、
『厄祓い』をする場合、どちらかといえば、『息災』の考え方が強いかもしれません。

そうはいっても、実際に良くないことが起きてからではないと、『厄祓い』をするという行動を起こす人は、少ないのが現状のようです。


厄除けって面倒ですか?

何かが起こるまで「厄除け」をしないのは、やはり、面倒だからでしょうか?

時間を割いて、わざわざ御寺に出向き、よく分からないお布施をして、知らない人たちと一緒にお祓いをしてもらう。

そう思うと、どうしても足が遠のいてしまいますよね。


もし、こんなことができたら

あなたの都合に合わせて、本格的なお坊さんが来て、直接お祓いをしてくれるとしたら。

「厄除け」をするのも、悪くないと思いませんか?


こんな役祓いはいかがでしょうか


くる坊のサービスとは


実際に行っている 『くる坊の厄除け・厄祓い』 の方法

「厄除け(厄祓い)」出張サービスの流れ

厄除け・厄祓い 住職出張の流れ


くる坊の 『厄除け・厄祓い』 出張料金

くる坊の料金は、お坊さんの出張交通費も込みの料金を提示しております。

種別 個人 複数
概要 厄除け対象者1人 厄除け対象者が複数
開催場所 ご指定の場所まで出張致します。
※同窓会などで団体さまでご利用される場合、お一人づつ順番にお祓い致します。
価格
(税込み)
31,500円 47,250円(5名まで一律)
※1名追加ごとにプラス2,100円
御札 厄除け木札
くる坊特典 御神酒(180ml)×1
厄除け年表
御神酒(720ml)×1
厄除け年表

※団体でのお申込みで100名を超える場合、お坊さんは2人出張いたします。



住職出張のご予約


現在の出張の範囲は、【東京都,埼玉県,千葉県,神奈川県】の1都3県です。その他の地域でも出張できる場合がございます。出張の範囲は随時拡大して参りますので、どうぞお気軽にお問合せください。

お問合せ&資料請求はコチラ≫